牛乳は よく噛んで♪
さんぽ日和・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


春だより♪
2月13日
鹿児島では、春一番がふきました。
春です☆

毎年…
春一番がふく頃に、早咲きの梅の花が散る。
そして…南光梅が開花する。

南光梅の花が開きはじめると
桜のつぼみも膨らんでくる。

南光梅の花が散る頃に、桜の花が開きはじめる。


DSC_0945.jpg
梅の花が大好きな…めじろ

鳥_0632

鶯_0709

桜_0720
芽吹く…桜の花

DSC_0724.jpg
鳥の巣…発見

DSC_0961.jpg
きんもくせいの木です。

DSC_0955.jpg
ここにも、鳥の巣が…

みかん_0856
餌ずけをしてみました。

鶯_0747
直ぐに、鳥が寄ってきました☆
めじろ…かな~!?

DSC_0873.jpg

鳥_0893

鳥_0918

梅_0938
今年…最後~!?
遅咲きの南光梅の花…満開です。


南国、鹿児島からの春だよりでした。


※サムネイル画像になっております。クリックすると拡大画像になります。

←ポチッと、ご協力ありがとうございました。 


スポンサーサイト

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真


梅だより♪
2月1日
鹿児島は、梅の花が咲いています♪

咲いた梅_0546

咲いた梅_0549


お正月の頃…庭の梅の木が小さなつぼみを付けていました。
つぼみ_0535


1月中旬…日毎に小さなつぼみは膨らみました。
つぼみ_0560


庭に、この季節…
鶯、四十雀、むくどり…他にも数種類の鳥たちの姿が見られます。

鳥_0624


いつの間にか、毎年…渡って来る鳥たちが巣を作っていた。
よく見ると、巣の形も材料も…違うようです。

鳥の巣_0573
枯れ葉とビニールを使い…作られた巣。
おどろくことに、ビニールは細く裂かれています。


巣_0606
枯れ葉と土で…作られた巣。
雨が降っても大丈夫…!?



1月下旬…梅のつぼみが開きました♪
梅の花_0556


2月1日…初春の日だまりの中
梅の花が、満開です。

満開の梅_0587

天気予報では、雪舞う地域の…まだまだ寒い冬だより。
梅の花びら舞う南国鹿児島から…ひとあし先に梅だよりです。



※サムネイル画像になっております。


←ポチッと…ありがとうございました。<(_ _)>


テーマ:写真日記 - ジャンル:写真


やもり(守宮)…Gecko(ゲッコー)
1月1日深夜のことです…
我が家に棲みついているらしい、ヤモリくんが天井から…ポタリ。
あまりに突然のことで…!?!?!?\(~o~)/新年のごあいさつ…!?!?!?
ばっちり、目と目を合わせてしまいました。
あわてて逃げるヤモリくん…その姿が滑稽で、私は直ぐに…( ^^) _U~~

体の割には…大きな目。愛嬌のある顔。かわいい…5本の指。
後姿は…トカゲやワニに似ているようです。

DSC_0149.jpg
テーブルの上を這い回るヤモリくん
やさしく、傷つけないように…そっと、すみに…。


えっ!!
でも…「ヤモリ」の季語は、夏だから…
え~っ!!
どうして…冬の寒いこの時期にいるの~!?
冬眠中では~???
えさはどうしてるの…???
天気予報では、雪が降るとか…!!!
ヤモリ(守宮)は、昔から家を守ってくれるというし…

(・・???心配です…気になります…!!!!!

と…言う訳で、
「ヤモリ」について調べてみました。

ヤモリは…
人間に対して害を与えることはなく…有益な動物で、
害虫を捕食することから家を守るとされ「守宮」「家守」と呼ばれます。

ヤモリは鳴く…
「チッチッチッ」「キッキッキッ」「キュッキュッキュッ」…と、小さな声で鳴くようです。
鳥のように鳴き声でなわばりを主張する(…!?)と、いわれている。

ヤモリは爬虫類…(イモリは両生類)
爬虫類の中のヘビ・トカゲの仲間「有鱗目」に属していて、「ヤモリ科ヤモリ属」
4月~11月にみられ、
12月~3月は姿を見せず、あたたかな安全な場所で冬を越しているようです。

トカゲの仲間ですから、尾が切れます。(自切という)
尾の骨は、ひとつひとつの中央が離れやすくなっていて、そこから切れます。
そして…尾は切れたところから再生します。
また、ヘビの仲間ですから、脱皮もします。

どうやら…
我が家のヤモリくん(年齢は不詳)は…ニホンヤモリのメスのようです。


◆ しっぽのつけねが、太くふくらんでいるのが…オス。
  細くて、すっきりしているのが…メス。
  5月~9月に(1-3回)戸袋や壁の隙間、天井などに
 粘着性のある卵を2つずつ生む。
  卵は40~90日で孵化し、孵化するまでの温度によって
  孵化する幼体の性が決定されることが知られている。
  極端に高い温度と低い温度では…メスに、
  間の温度(28℃前後)では…オスになる。


ヤモリの目は…
瞳孔が縦長に開いています(まるで、猫の目のようですね…)
つまり「夜行性」です。
また、「まぶた」がないので…目が閉じられません。
(舌で目を拭いて、きれいにするそうです~(#^.^#)~)

ヤモリ(壁チョロ)…
四肢の5本指。
足裏は繊毛に覆われていて、指下板と呼ばれる器官を持っている。
それを使って天井や垂直の壁をチョロチョロと移動します。


DSC_0151.jpg
我が家のヤモリくん…全長:15~6cm位

ヤモリの餌は…
ハエ・蛾・コオロギなど…小昆虫やクモなど生きた虫を食べる。
家の中には、ハエやコオロギがいないので、
我が家のヤモリくんは、蛾・クモ…を食べているようです。
今の時期ですと、クモが主食でしょうか。

我が家にゴキブリやハエがいないのは…ハエやゴキブリを餌にするクモのお蔭で、
ヤモリくんは…そのクモを餌にしてる。弱肉強食…自然の摂理ですかね~。

ヤモリは益獣…
益獣で調べてみると、面白い話がありました。
昔…家を普請した際に知らずにクギで板に貼り付けられてしまったヤモリが、
5年後に再度普請した時に生きていた・・・と言う話です。

これが本当の話なら…
我が家のヤモリくんも、無事に冬を越してくれるのでは…祈♪



 ←ポチッと…<(_ _)>

テーマ:謹賀新年 - ジャンル:日記


七草粥
1月7日
無病息災を祈願して、七草粥を作って食べました。
健康が一番ですから…。

七草粥は、土地とちで…味付けも作り方もさまざま…家々の味があると思う。
私も母に教わった通りに作ってみたが…。

DSC02239.jpg

我が家の七草粥は…
七草に、野菜昆布・薄あげ・豆もやし・人参・里芋・餅が入った具沢山。
お隣さんの七草粥は…!?


◆ 春の七草 
  芹・なずな・御形(ハハコグサ)・はこべら(ハコベ)・仏の座・
  すずな(カブ)・すずしろ(ダイコン)
 

七草をお粥にして…
邪気を払い万病を除く占いとして、1月7日(人日の節句)に食べる習慣は、
江戸時代に広まったそうです。

やはり、健康が一番ですからね…。


 ←ポチッと…<(_ _)>


霧島神宮
1月3日
霧島神宮に行きました\(^o^)/


◆霧島神宮(国の重要文化財指定)
  創建が6世紀という古い歴史を誇る神社。
 境内には樹齢700年の老松が生い茂り
 神秘的で、神代の気高さを今に伝えている。
 

参拝をすませ引いたおみくじは…「吉」
可も無く不可もなく…普通ってことでしょうか!?
そうです♪
普通が一番…ラッキー「吉」~☆

DSC_0204.jpg
<参拝は、社殿(勅使殿)前で…↑>
社殿の奥に、本殿がある。
(勅使殿の奥に拝殿、幣殿と…続く)

DSC_0193.jpg
<三の鳥居をぬけ、社殿へと進む ↑>

DSC_0176.jpg
<境内を抜け、三の鳥居へと進む ↑>

DSC_0180.jpg DSC_0170.jpg
<進む ↑>
二の鳥居をくぐり、表参道を歩き、疲れた頃に…社務所のある境内が…
ここで、一息。
境内には、坂元龍馬・おりょうさんの像。
大モミの木。
霧島の町、桜島を望む展望台がある。


◆ 130年前(慶応2年)坂元龍馬・妻おりょうさんが、
  寺田屋事件で負った傷の治療に
  霧島の温泉に訪れた際、神宮に立ち寄り
  お参りした…と、言われている。


DSC_0222.jpg
<二の鳥居から三の鳥居へと進む↑>
大鳥居をくぐり、神橋を渡ると長い階段が…
階段を上り進むと、二の鳥居。

DSC_0169.jpg
<霧島神宮(入り口)大鳥居 スタート↑>
 霧島神宮\(^o^)/おじゃったもんせ~☆

DSC_0219.jpg
霧島神宮展望台より望む…今日の桜島



 ←ポチッと…<(_ _)>

テーマ:謹賀新年 - ジャンル:日記




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。